デトランスαが危険は嘘口コミから検証!効果あり×効果なし!

医療先進国のデンマーク発の医療用制汗剤のデトランスα。

デトランスαはすでに200万個の販売実績があることでも知られています。

口コミでは「凄すぎる!」「汗が1ミリもでない」「匂いが全くしなくなった」という利用者からの称賛の口コミが多数あります。

しかしそんな中、デトランスαは危険というワードでも検索されているようです。

こんな高評価を受けているデトランスαの何が危険だというのでしょうか?

今回はデトランスαの危険性について、口コミから検証してみたいと思います。

➡デトランスαの低評価の口コミから見ていきましょう

デトランスα低評価の口コミ!

評価の高いデトランスαですが、その中でもあまり評価をしていないユーザーの口コミを抜粋してみました。

★とにかくかゆい!

汗の量は減ったけど、とにかくかゆい!このかゆさがなければ完ぺきなんだけど。

店舗でも販売してくれたら、届くまでももどかしさもなくなるのに!

★最初はかゆみが出てくる

最初はかゆみが出て来たけど、しばらくするとかゆみがなくなりました。

そのかわり肌のかさつきを感じました。

でも夏の暑い盛りに脇に汗が全くかかなくなったのは逆に怖い感じが・・・

その代わり手汗がひどくなったような感じがするのは、日本未認可の成分のせいかもしれないのでしばらく様子を見てみようと思います。

★かゆさに我慢の限界!

とにかくかゆさに我慢ができなかったです。

あまりのかゆさに塗ってすぐに洗い流したんですがかぶれたようになっていました。

とにかくかゆかったので効果が出るまで待てませんでした。

★敏感肌用を注文したのに・・

口コミでかゆくなる場合もあるとは知っていたのですが、使ったその日からわきがかゆくて我慢できないほどでした。

気が付くと赤く腫れていたので、無意識の内にかきむしっていたんだと思います。

とはいっても汗は止まるのに残念です。

ネガティブ系の口コミでは、汗は止まるけど「かゆい」という感想がほとんどでした。

ネットでデトランスαは危険だとささやかれているのはこのかゆみが原因のようです。

➡では高評価の口コミを見ていきましょう。

デトランスα高評価の口コミ

★感動するくらい汗が出ない

汗で悩まされていました。ネットでデトランスαを見つけ即購入。

最初はかゆさを感じていましたがそのうちに慣れてきて、今では感動をするくらい汗が抑えられています。

★汗がピタッと止まった

今まで臭いを消す商品は試したことはあるけど、汗をピッタッと止める商品には出会ったことがありません。

口コミを見ても半信半疑の気持ちがありましたが、そんな私でも効果がありました。

凄く暑いにも関わらずさらさら状態です。

★神です!

エステで脱毛をしてから臭いが気になりだしたためこちらを購入しました。

初めは半信半疑でしたが使って2日目に明らかに違いを感じました。神レベルです!

自分は肌が敏感なほうですが、それでかゆみなどもなく大丈夫です。もっと早く出会いたかったです

★これすごいです!

オールシーズン脇汗に悩んでいました。他の商品も試しましたがそれほど効果を感じませんでした。

そんな中でデトランスαを試してみました。これ凄いです!

多少のかゆさはあるものの本当に汗が止まります。

クラブなどで踊っても脇汗がTシャツをにじますことはありません。

痒を感じる!

デトランスαのネガティブな口コミをみているとほぼすべての口コミにかゆみを感じたとありました。

このかゆみは塩化アルミニウムが原因と言われていて、副作用として灼熱感やかゆみがあると報告されています。

多少のかゆみを感じていたのは、デトランスαを称賛している口コミにもあって、特に皮膚が敏感な方にはかゆみの症状が強く出ていたようです。

デトランスαを称賛している方の中にもかゆみを感じていた方も少なくないようでしたが、それでも数回使用するとかゆみがなくなっていくようでした。

デトランスαは危険ではなかった!

やっぱり「デトランスαは危険」の噂は、このかゆみが原因だと思われます。

かゆみを強く感じた方は特に皮膚が敏感だったこと、そして使い方なんかにも原因があったかもしれません。

デトランスα公式サイトにはデトランスαの使い方について以下の説明がありました。

【デトランスαの使い方】

1, 1日1回、必ず夜に乾いた清潔なワキの下に使う。

2, デトランスαを塗った後、よく乾かしてから服を着る。

3,翌朝、ワキに残った余分な成分をシャワーや濡れタオルでふき取る

これからデトランスαを試してみようかなと思っている方は上記の使い方を守ってサラサラにしていきましょう!

デトランスαでサラサラにする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする